悪玉コレステロール(LDL)を減らす方法

悪玉コレステロールは、血管の中にある油分を運んでくれる働きがあり、身体に必要な栄養素と言えます。しかし、悪玉コレステロールが増えると血管に油分が付着しやすくなり、血液がドロドロになり、流れが悪くなるため動脈硬化の原因になります。さらには、脳梗塞などの深刻な病気が起こるリスクが高まります。

悪玉コレステロールが増えてしまう原因とは

悪玉コレステロールが増えてしまうのは、食事や生活習慣、加齢が主な原因です。まれに、遺伝や病気が原因となる場合もありますが、多くは食事や生活習慣が元になっています。炭水化物の食べ過ぎや油の取り過ぎで、悪玉コレステロールが増えます。

また、アルコールを飲みすぎると肝臓に負担がかかり、コレステロール値が高くなります。また、加齢に伴い代謝が悪くなるため、コレステロールを消費する量が減ってしまいます。したがって、若い頃は問題なかった食事でも、同じように食事を摂ってしまうと消費量が減っているため、コレステロールが溜まりやすくなってしまいます。

善玉コレステロールを増やそう

魚に含まれるDHAやEPAは悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロール(HDL)を増やす効果があります。善玉コレステロールとは、全身をパトロールし余分な悪玉コレステロールを回収してくれる働きがあります。善玉コレステロールの数が少ないと、悪玉コレステロールを回収しきれずに、悪玉コレステロールが増えてしまいます。

そのため回収してくれる善玉コレステロールを増やす必要があります。善玉コレステロールを増やすには、魚や納豆、ナッツ類やチョコレートを食べると効果的だと言われています。また、中性脂肪を減らす効果もあるため積極的に摂取したいです。

悪玉コレステロールを減らすには?

コレステロール値を下げるためには、食生活を改善することが望ましいです。塩分や糖分、脂質の摂り過ぎを避け、バランスの良い食事を心がけましょう。野菜に含まれる食物繊維もコレステロールを排出してくれるので積極的に摂取していきましょう。

食事以外にも適度な運動が効果的です。運動をすることで中性脂肪値が改善されたり、血圧が下がる効果が期待できます。有酸素運動が特にオススメです。ウォーキングがオススメで、1回につき20〜30分が目安となります。歩き始めてだいたい20分後から脂肪が燃焼し始めるので、20分以上が望ましいです。

Top