EPAの効果と摂取する際の注意点を解説

EPAの正式名称は「エイコサペンタエン酸」といいます。EPAは血液の流れをよくする効果があると言われている、不飽和脂肪酸の一種です。主に青魚に多く含まれています。EPAには、他にもいろいろな効果があるのでご紹介したいと思います。

EPAは医療にも使われている

EPAの発見は1960年代にされており、医療の分野での研究が進み、現代ではEPAを利用した医薬品が活用されています。高血圧症対策として活用されていたり、血栓を防ぐ効果があるため動脈硬化や脳梗塞などの薬としても活用されています。また、生活習慣病の予防や肥満防止にも効果があります。

他にも、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー症状の緩和・改善にも効果が期待されています。抗炎症作用や免疫力を高める働きもあります。また、脳にも影響があることが分かり、アルツハイマー治療のための研究も行われています。

現代人はEPA不足?

様々な症状に役立つEPAですが、不足しがちな栄養素です。EPAは体内に留めておくことができないため、食べ物やサプリメントで摂取しなければなりません。EPAは、魚の脂に多く含まれていますが、現代では食の欧米化に伴い、特に若者の魚を食べる機会が減っていると言われています。

魚に多く含まれているEPAですが、熱に弱いため焼き魚や煮魚にすると、摂取できる量が減ってしまいます。効率よく摂取するには、生のまま食べることがオススメです。もし、調理をする場合には、脂が無駄にならにようにホイル焼きにしたり、魚をフライパンで焼き、焼いた後の油を使って野菜炒めを作ってもいいと思います。また、時間がないときは魚の缶詰を利用してもいいです。

DHAとEPAって何が違うの?

DHAとEPAの両方を合わせて耳にすることも多いのではないでしょうか。どちらも青魚の脂に多く含まれているため、両方の成分を一緒に摂取することができます。

そこでDHAとEPAの違いですが、DHAは脳に存在している栄養素なので、主に脳や目などに効果があります。脳の働きをよくするので、記憶力や学習能力の向上に効果があり、子どもや認知症予防にも効果が期待されています。

一方で、EPAは血液をサラサラにるす効果があります。中性脂肪や血圧を下げるので医療にも使われている栄養素です。お酒が好きな方は積極的に摂りたい栄養素です。DHAとEPA、両方同時に摂取することで相乗効果があるので、一緒に摂ることがオススメです。

Top