DHAの効果と効率的に摂取する方法を解説

DHAとはなんとなく、頭に良いというイメージをお持ちの方も、多いのではないでしょうか。DHAの正式名称は「ドコサヘキサエン酸」といいます。DHAは身体に必要な栄養素、必須脂肪酸の1つですが、具体的にどんな効果があるのかをご紹介したいと思います。

DHAは頭、身体に効く!

DHAは脳を構成する栄養素のうちの1つなので、脳に入ることができる数少ない栄養素の1つです。そのため、記憶力や学習能力に影響を与えることができます。子どもの学習能力向上や、お年寄りの認知症予防等に効果があります。また、DHAは細胞を柔らかくし血管の弾力性を高めることから、運動能力の向上にも効果が期待されています。

こちらもよく耳にすることがあると思いますが、DHAは血液中の中性脂肪を下げる効果があります。この働きにより、悪玉コレステロールが減少し、メタボリックシンドロームの改善にも繋がります。また、血液を下げる効果もあり、血液の粘土が下がることで動脈硬化や脳梗塞等を防ぐ効果もあります。他にも、視力回復や花粉症などのアレルギーにも効果があります。

DHAを効率的に摂取するには?

DHAは、マグロやサバ、サンマなどの青魚の脂に多く含まれています。青魚以外には、エゴマ油や亜麻仁油にも豊富に含まれています。魚は、魚の脂分に多く含まれているので、焼き魚や煮魚に調理すると減ってしまいます。生で食べたほうが多くの量を摂取することができます。また、DHAは熱を通すと失われやすいので、エゴマ油や亜麻仁油で摂取するときも、サラダにかけるなど熱を通さない食べ方がオススメです。

しかし、DHAの1日の目標摂取量は1000mgと多いので、毎日摂取するのはかなり難しいです。そこでオススメなのが、サプリメントでの摂取です。サプリメントであれば、無理なく必要量を摂取することができます。

DHAを摂取する際の注意点

DHAは脂質の一種で、非常に酸化しやすいです。DHAが酸化してしまうとトランス脂肪酸に変化し、身体に悪影響を与えてしまいます。食事から摂取する際も、サプリメントから摂取する際も酸化には注意しましょう。

サプリメントから摂取する際、チェックしたいポイントは、酸化防止対策がとられているかどうかです。酸化防止のために、抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンC、アスタキサンチンなどの成分が含まれているか、確認してみましょう。特に、アスタキサンチンは抗酸化作用が強いので、オススメです。また、アルミパックで個別包装されているサプリメントもオススメです。太陽の光が当たらないように、冷暗所で保存をし、消費期限を守って使用しましょう。

Top